micchiiiのブログ

子育て中の母のひとりごと

足に優しいおススメの靴‼︎

こんにちは!みっちーです(o^^o)

 

先日、スニーカーを履いて出かけた子どもの足に靴擦れができていました…

 

サイズアウトしていたようで、足が悲鳴をあげていたようです😖

気付かずごめん…という状況でした。

 

以前、色やデザインが子どもの好みの靴を購入しましたが、サイズは合っているのに、履いてすぐに靴擦れをしてしまいました…

 

子どもは活発に動き回るので、素材やクッションもしっかりしたのを選ばないとダメだな…と思い、色やデザインの好みという理由だけで選ぶのはやめました💦

 

今は、子どもたち全員、

ムーンスターを愛用しています❣️

靴裏のクッションが足に優しく、激しく動いても足が痛くなったり靴擦れをすることがありません。

 

↑大きめの作りなので、こどもは普段履いてる靴より0.5㌢、私は1㌢小さめのを履いてぴったりでした。

靴底がカラーではないので、園や学校で靴底白指定があっても大丈夫🙆‍♀️

 

靴の幅や高さもゆったりめのものが多く、脱ぎ履きも自分でしやすいので、こどもたち、3人とも2歳頃から進んで自分から靴の脱ぎ履きするようになりました。

 

私は、幼稚園教諭をしていた時、室内ではバレーシューズを履いていました。

勤務時間だけでも1日10000歩以上歩くので靴は大事です。

 

いつも、仕事終わりには足の裏が痛くなっていましたが、ムーンスターのキャロットの上靴に変えてからは、靴底のクッションが足を守ってくれているようで、全く痛くなくなりました。

 

しばらく、足の痛みと無縁の生活をしていましたが、3人目の子どもがお腹にいるときに、足の裏の土踏まずのあたりな痛くなる、足底筋膜炎になりました。

通院する時間は中々作れないし、自然治癒する人の方が多いようなので、なるべく足を休め、ストレッチなどで対処していました。

 

ずっと痛みはあったものの我慢できる程度でした。でも、産後2年が経って、急にかかとをついて歩けなくなり、片足だけ、つま先立ちで歩くようになりました。

 

さすがに、病院に行かないとだめか…と思っていましたが、とりあえず、今できることはないかと思い、調べていたところ

「足に負担のない靴をはく」

という言葉が目にはいりました。 

 

最近は、子どもを抱っこしたまま、靴の脱ぎ履きをすることが多いので、手を使わないで脱ぎ履きできるものを選んでいました。

 

足の負担は二の次になっていました…

 

そこで、クッション性があり、足の裏が楽な靴に変えてみると、すぐにいつも通り歩けるようになり、2年以上続いていた足の裏の痛みもほとんどなくなりました。  

 

子どもを産んでから、なにかと子ども優先で、自分を労わることは後回しになっています。

 

それでいいと思っていましたが、私が動けなくなったら家族は回らない…と考えると、もう少し自分のことも考えていかないとダメだなぁ…と感じています😅

 

 

さて、子どもたちの上靴ですが、ムーンスターのキャロットは、靴の淵のカラーは選べますが、キャラものがないのが残念なところです…

 

キャラものが欲しいと口にしていた子どもたちですが、子どもたち自身も履きやすさは感じているようで、今では、上靴といえばキャロットが当たり前になり、次買う時は淵が何色のものににしようか、と楽しみにしています。

 

どんどん足が大きくなる時期なので、少し大きめを買いたいところですが、足に合った、負担の少ない靴を選びたいと改めて思いました。

 

そろそろ、冬靴の確認もして、準備をしたいと思います。

半年履いてないと、きっと小さくなっているんだろうな😭

 

キッズサイズだけではなく、大人のサイズもあるので、靴を探している方は、参考にしてくださいね!