micchiiiのブログ

子育て中の母のひとりごと

台風19号から学ぶこと…

こんにちは!みっちーです(*^^*)

 

三連休が終わって、いつも通りの平日です。

 

私の住む北海道では、14日、月曜の午後くらいから風が強くなり、久しぶりに雨が降りましたが、朝には上がり晴れています。

f:id:micchiii:20191015185631p:image

最高気温が10度くらいなので、寒いことは寒いです。

 

でも、テレビで見る台風やその被害とは、ほど遠い変わりばえしない毎日で、同じ日本でこんなにひどい状況になっている場所があるなんて信じられません…

 

被害に遭われた皆様、心よりお見舞い申し上げます。

 

台風が来る前、

「命を守る行動を」

という言葉を、なんども報道で聞きました。

 

交通機関、スポーツの試合、イベント等が、早めに中止、延期と決断していましたね。

 

命を守る行動としては、素晴らしい判断だと思います。

 

雨や風が強くなり、状況が悪くなってきたら、

とりあえず、行動に移す。

それがたとえ空振りでも、命を守る行動に無駄なんてありません。

 

もし、自分ならと考えると…

 

まだ、ブラックアウトの恐怖を引きずっている上の子は、パニックになるのが目に見えています…気持ちを落ち着けて、下の子のお世話をお願いするなど、気を紛らわせることをお願いするのが一番かな…と思います。

 

下の子は、思い通りにいかないと発狂して暴れるので、おもちゃや、食べ物、飲み物を持参し、環境が変わっても楽しく過ごせるように…

と考えます。

 

真ん中の子が一番頼りになるかな…普段はふざけてばかりだけど、いざという時は頼りになる!

でも、態度には出さなくても不安な気持ちはみんなとおなじだと思うので支えていかないと…と思います。

 

着替え、おむつなどは子ども全員分の用意はしていますが、冬物に変えたり、サイズを確認したりこまめにする必要があります。

 

主人が仕事に行ってて、私1人で子どもたちを避難させるときはどうするか、

家族が仕事や学校、幼稚園に行ってる時に、それぞれで避難所にいかないといけなくなった時、最終的に集合する避難所を決める、避難する時に持っていくもの、など色々考えたり決めたりしています。

 

子どもは自己判断したり行動できる力はまだないので、迎えに行くから先生と待っていてね、と伝えています。

 

もしもの備えは、やりすぎなんてないですよね。

 

北海道では、今回の台風19号の被害はありませんでしたが、ここ数年、天災での被害が増えていると感じます。

 

日本全国で同じことが言えそうですね。

地震、台風、大雨など天災は止めることはできません。

 

停電した時の備え、断水した時の備えなど、自分の身に起きたことだけでなく、同じ日本に住む人たちが経験したことも教訓にさせてもらいたいと思います。

 

命が助かればいい。

後のことは、時間をかけて元に戻していけばいい。

と思います。

 

でも……そう言葉では簡単に言えますが、泥まみれの家、家財道具、車…

本当に大変ですよね…

当たり前だったことがなくなる恐ろしさ…

考えるだけで苦しくなります。

 

一日中でも早く、安心して生活していける日が来るのをただ、ただ願っています。