micchiiiのブログ

子育て中の母のひとりごと

発表会シーズン到来!準備は進んでいますか?

こんにちは!みっちーです(o^^o)

 

最近、雪虫に遭遇する機会が増えました。

 

公園で、草木が生い茂っている場所に行くと、呼吸をするたびに鼻や口から雪虫が入ってくるくらいの発生ぶりです😱

 

さすがに、子どもも遊びに支障がではじめたようで、場所を変えたくらいです💦

 

昼間は15度前後まで気温が上がるので、体を動かして遊ぶにはちょうどいい気温です。

見てるだけの親は寒いですけどね😵

 

雪が降り始めると、公園の、特に遊具では遊べなくなるので、今時期が公園で遊ぶ、今年のラストチャンスです!

虫に負けず、存分に遊んでもらいたいと思います!

 

 

さて、もうすぐ、子どもの発表会があります。

 

衣装の準備など、大変ですよね…

 

子どもが通う小学校では、

「子どもらしい服」

「元気な色の服」

など、選択肢がたくさんある表現で依頼されます。

 

劇でイメージが大事な役柄になると、もう少し、絞った表現をされますが、

それでも色指定なしの「ワンピース」

とか、なるべく買わないですむようにと、ありがたい配慮をしてくれています。

 

小道具は、先生方が作ってくれて、発表が終わると、その役の子どもに持ち帰らせてくれていました。

 

我が子は昨年、劇で1人の役をさせてもらったので、何個も小道具を持って帰ってきました。

今でも大事にしていますが、先生たちの気持ちが伝わっていると嬉しいです😊

 

ただでさえ、忙しいのに、細かい作業を子どもたちのために一生懸命してくれる先生たちに感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

 

私も幼稚園で働いていたので、大変さはとてもよくわかります………

 

私が働いていた幼稚園では、代々受け継がれている衣装を中心に、足りない衣装は先生&一部の親で毎年作り足していました。

 

小道具は使えるものは保管しておき、足りないものを作り足します。

 

全て作るわけではなくても、毎年お遊戯会シーズンになると仕事が終わらなくて、1年の中で一番帰るのが遅くなっていました。

土日に出勤したり、家に持ち帰ってした作業もたっくさんありました…

 

凄く大変だったけど、充実感もたくさんあった行事だったな…と懐かしく思い出します。

 

今は、親の立場になり、毎年子どもの発表を楽しみにしています!

 

上の子は、できないと、とことんマイナスに考え、できると自信過剰になる極端なタイプです💦毎年クラス替えがある上、他のクラスの先生が指導してくれることもあります。

 

いろんな先生に出会い、緊張しながらも、褒めてもらったことを自信に前向きに成長できているようです☺️

 

 

 

小学校の発表会は基本的な服装は、

ジャージ以外

としか言われていません。

子どもの学年しか見ていませんが、毎年みていると、ほとんどの子が普段着ですね。 

 

幼稚園は、上の制服を着るということしか決まっていませんが、大体の子が入園式で着るような服装に上着だけ制服という服装でした。

胸元は見えるので、男の子はネクタイや蝶ネクタイ、女の子はリボンが個性の見せ所ですね。

 

そして、昔は男女共に白タイツが定番でしたが、今はカラータイツや柄物タイツも珍しくなくなりました。

 

幼稚園の服装は、特に年長さんは、入学式にも着ることができる服装、という事で選ぶ人もいるようです。

 

色々と準備があったり、大変な期間ですが、子どもたちのため、という共通理解の元、全力でサポートしていきたいと思います!

 

これから発表会を迎える子どもたちが、全力でやりきれるように応援します📣

 

では、また✋