micchiiiのブログ

子育て中の母のひとりごと

子どもの心の叫び…

こんにちは!みっちーです(*^ω^*)

 

今年も残り1ヶ月を切りましたね。

 

毎年言いますが……

 

今年も早かったな………

 

と振り返っていました。

 

学芸発表会、お遊戯会、音楽会、個人懇談……

 

などなど、年末は小学校や幼稚園に出向く回数も多くバタバタ忙しい毎日です💦

 

先日、上の子の個人懇談があり、ドキドキしながら学校へ……

いつもの懇談は、学習の状況から話が始まりますが、今回は9割9分友だちの話でした。

 

ちなみに、「勉強は全く問題ありません!」

の一言で終わりました笑

 

 

うちの子は、内弁慶で、小柄な細身ですが、仲良くなる子は気が強くて大きな子ばかりです。

f:id:micchiii:20191206121232j:image

入学したての頃は、友だちと3人で歩いてて、両隣の友だちがいきなり取っ組み合いのケンカになり、2人は無傷で、うちの子はぶっ飛ばされて膝を擦りむいたり打撲したり、水たまりに転ぶなんてこともありました。

 

こんなことが何回もあり、間接的にいじめられてるんじゃないか…と思い先生に聞いたこともありました。

 

登下校の様子をみていると、本当にケンカっぱやい友だちで、うちの子どもは巻き込まれてるだけでした。

 

うちの子は、トラブルが嫌で、何でも相手に譲ってしまいます。

相手にケンカをふっかけられてもやり返すことなく、ひたすら我慢します。

f:id:micchiii:20191206121242j:image

泣き虫なので、すぐ泣きはしますが、相手を責めることはなく、怒りもしません。

 

小学校生活も半分を迎えた今でも、優しすぎるところ、自己主張ができないところはあります。

 

この、優しすぎるところ、我慢強いところがうまく利用されないかとずっと心配しています。

 

いいところでもあると思うので、伸ばしつつ、はっきりと伝えたい事は言える人になってほしいと願っています。

 

 

そんな中、数ヶ月前から、ずっと仲良くしていた友だちから無視をされる…と話してきました。

 

今までも、思い通りにならないと無視されたり暴力を振るわれたり、意地悪をされる事はありましたが、次の日には友だちの方から謝ってくれていたようでした。

 

その友だちは、うちの子以外の子どもともトラブルがあったようで担任だけでなく、学年の先生たちも気をつけて見ていてくれたようでした。

 

私としては、うちの子とは合わないタイプの友だちだと思うので執着しないで他の友だちにも目を向けてもらいたいと思っています。

 

でも、うちの子からしたら、物事をはっきり決めることができ、背も大きく、勉強もスポーツもできる友だちに、自分にはないものを持っている憧れのようなものがあるのだと思います。そして、うちから一番家が近いというのも大事な点なんだと思います。

 

今までは、友だちから嫌なことをされたことを、私から先生に伝える事をひたすら嫌がっていました。

 

それは、先生に言ったらもう遊ばないとか、一緒に帰らないと言われていたからだったようです。

 

登下校に不安がある我が子にとって、家が一番近い友だちが一緒に帰らないという言葉は恐怖以外の何ものでもなかったようです。

 

でも、最近になり、先生に伝えてもいいと考えるようになり、自分でも、年に数回ある、いじめに関するアンケートに書いたようでした。

 

困っている事を人に伝える

 

という事自体に不安があり、ストレスを感じていた子どもが、自ら進んで伝えはじめた姿には驚きましたが、やっと、殻をやぶることができたんだと、嬉しく思いました。

 

 

無視されはじめたきっかけは、一緒に帰る約束をしたのに我が子の体調が悪く、私が迎えに行ったことだと思われます。

 

我慢のしすぎでメンタルが弱りはじめていた我が子は、学校に行くことがストレスになり、泣きながら行くことが増えました。

給食はほとんど食べられず、帰りに私が迎えに行く、という言葉で安心して行っていたようでした。

 

私は無理に行かせる事はしたくなかったので、本人が無理だと行った日は休ませたりもしました。

 

調子がいい時は、明日は友だちと帰る!と約束してくる日もありました。

 

でも、当時は1日1食まともに食べることができたらいい方、というくらい食事もまともに取れていませんでした。

 

そんな中で、5〜6時間の授業を受けて帰ってくるので、体力切れの日もありました。

 

担任から電話が来て急遽、迎えに行くこともありました。

 

一緒に帰る約束をしていた友だちに理由を伝えて謝っていたようですが、同じことが何回か続いてしまったのがおもしろくなかったようです。

約束をすることが怖くなった我が子は、帰りに調子がいい時にその場で一緒に帰ろうと誘いに行っていたようですが、仲間に入れてもらえなかったり、1人で帰りたいと断られていたようでした。

 

この友だちに無視され、関わりがなくなってから約2ヶ月。

 

この2ヶ月を振り返ると、我が子の体調がとてもいいことに気付かされます。

 

まだ、この友だちと仲直りしたいと、我が子は自分からコンタクトを取りに友だちのクラスに行っているようですが、いつも会えないといいます。

避けられてるのかな…と感じてしまいます。

 

今、我が子はクラスで新しい友だちができ、安心できる場所があるようです。

 

担任も、2人は性格的にこれからもうまくいかないこともあると思うから、無理して戻らなくてもいいと思う。でも、本人が話したいと思うなら仲介します。

 

と言ってくれています。

 

我が子にも、友だちと話したいなら手伝うから、心の整理がついたら言いに来て。

 

と伝えてくれているようです。

 

それから、数週間経っていますが我が子はまだ担任に助けは求めていないようです。

 

最近、その友だちの話になったとき、

「もうあきらめたわ〜」

と話していました。

 

 

本人がふっきれたんなら、よかったなとは思います。

 

ただ、家は近いし中学校までいっしょだから、まだまだ心配はあります。

 

子どもが大きくなってくると、どこまで親が出るべきか、学校に伝えるべきか等、悩みも増えます…

 

うちの場合、子どもが親に心配をかけたくないと、ギリギリまで我慢してしまいます…

 

今回のことも、いつもと違う子どもの様子を見て、何回も話して聞き出したというのが現実です。

 

子どもが見せる小さいサインを見逃さないでいかないと…と引き締まる思いです。

 

 

末っ子がチョロで、私がいつも振り回され、疲れてる姿をみて余計に言えないのかも…と反省です😭

f:id:micchiii:20191206121315j:image

これからも子どもとの対話を大切に、心の叫びを見逃さないようにしていきたいしていきたいです。

 

では、また👋