micchiiiのブログ

子育て中の母のひとりごと

休校&休園から4週間が経過。北海道での実情

こんにちは!みっちーです😄

 

2月末から始まった休校&休園。

期間が春休みまで延ばされ、実質新学期まで休みです。

 

先日「クラスター」が確認された地方の、大学の入学式がGW明けに延期との衝撃的なニュースが入ってきました…

 

大学でその判断ということは、小中高でも十分あり得るのでは………

 

と、絶望感に襲われました…

 

4月上旬まで、と思い頑張っててる中、1ヶ月延長はキツい……

でも、命を守る行動を優先したいので、状況によっては、色々な対応を覚悟して受け入れる覚悟をして生活したいと思います……

 

 

休校&休園が始まって4週間。

平日は、不要な外出は控えるように言われ、土日祝は3週間連続で外出自粛要請がだされています。

 

北海道で毎日、色々な地方で感染者の発表があり、外出も規制され、子どもだけでなく、大人も不安です。

 

休園&休校になって初めての週末、公園で遊んでいる親子を見た人が小学校に、

 

「どんな指導をしてるんだ!」

 

とお叱りの電話もあったようでした。

 

でも、外を散歩したり遊んだりする分には感染のリスクは低いと、テレビでも積極的に報道してくれたことで、大人にも少しずつ余裕が出てきたように感じます。

 

ただ、密集して遊んだり、不特定多数の人が触る遊具に触れた後に目を擦ったり顔を触ることでの感染リスクはあるようです。

 

そのへんは、親からしっかり繰り返し子どもに伝えたり、リスクが高い場所を選ばないことで回避できそうです。

 

ただ、北海道の3月は、冬から春に変わる季節。

 

雪山が残っていたり雪解け時期で、ドロドロになっている場所が多く、公園の遊具で遊べる場所は少ないです…

 

そうなると、室内で遊ぶのにはリスクが高いし、(でも実際、ショッピングモールなどの遊具コーナーは撤去され、ゲームセンターはお休みしているところがほとんどです)

家で遊ぶ事になります。

 

これだけ長い時間、家で過ごすことはなかったので、最初はきょうだいゲンカばかりでした…

子どもたちは体力を余してるので夜も寝付けなくて、私も自分の時間が持てず、お互いイライラ…

 

こんな時に限って、卒園、入学、入園と準備がたくさんあります。

ミシンや、教材の名前つけは集中して一気にやりたいと思うけど、この状況だとそんな時間はなく、でも、そろそろ完成させてスッキリさせたいとも思い、何を妥協するか、悩んでます…

 

こんな中、相変わらず、きょうだいゲンカはあるものの、3人で仲良く遊ぶ方法を自分たちで考える姿も見られるようになり、成長も感じています😄

 

小学生中学年、年長、3歳が仲良く同じもので遊ぶって、結構むずかしいことです💦

同じ遊具を使っていても、年齢によって遊び方が違いますからね。

 

いつもは、お互いが自己主張をして折れることができず、ぶつかり合いケンカ…

という流れでしたが、最近は遊ぶ前にお互いがどんな遊びをしたいのかを確認しあったり、ルールを確認してから遊び始めたり、と意識している様子が伝わります。

 

今までの日常が戻った時、こんなに家族で過ごすことはないと思います。

 

今は苦痛の方が多く感じていると思いますが、懐かしく思い出せる日が来るといいなと思います。

 

休校期間の小学校の対応、隣の市との違いや想い、そして卒園した2番目の子どもの様子や卒園式のことなど、次のブログに書きたいと思います。

 

今後も、家族全員、手洗いうがい、消毒をしっかりして、きちんと3食をしっかり食べて免疫力を高めて健康に過ごしたいと思います。

これ以上苦しむ人が増えませんように……

 

では、また✋