micchiiiのブログ

子育て中の母のひとりごと

久しぶりの登校です‼️

こんにちは!みっちーです(*^ω^*)

 

ついに!!学校が始まりました!!

 

突然の休校から約1ヶ月半、いろいろな思いはありますが、できる範囲の感染予防をしながら、子どもは元気に通っています。

 

 

 

さかのぼること…1ヶ月前。

幼稚園の卒園式…

 

この日だけ、登園が許されました。

 

クラスごとの短縮された30分ほどの卒園式でした。

呼びかけや歌は全てカット。

先生とのお別れセレモニーもなくなり、最後のスキンシップも出来なくなりました…

 

ほかのクラスの友だちとは会えず、写真も撮れませんでした。

 

大人一人の参加しか認められていなかったので、仕事を休んでいた旦那に全てを任せました。

 

とっても寂しい卒園式でしたが、近隣の園では、卒園式自体が中止になっているところもあったので、やってもらえただけありがたいことでした。

 

子どもも、残りわずかな園生活を楽しみにしていました。ひなまつりの会、お楽しみ会、誕生会…そして、大好きな友だちに会うこと、などなど…

 

子どもは、休園ということを、頭では分かっていても、消化できない想いがあったようです。

でも、卒園式で久しぶりに幼稚園に行き、先生や友だちに会えて、お別れをできたことでスッキリしたようで、晴れやかな表情で帰ってきました😊

 

安心しました。

 

こんな大変なときでも、工夫して、明るい環境を作り、卒園式を作り上げてくれた幼稚園の先生たちに、心から感謝しています‼️

 

一生忘れないと思います。

 

 

小学校に関しては、分散登校が2回あり、教材、課題、通知表などの持ち帰りと体の状態の確認等、決められた時間内の自由登校。

2回とも学校内に10分くらいの滞在でした。

 

隣の市は、一日置きの分散登校。給食あり

(多い時は週3)

11時に登校し、13時半下校。

プリントやテストを行う。

クラスを半分に分けて違う教室で勉強をする子どももいる。間隔を開けて座る。

給食は、先生が配膳する。

 

全然違う対応に驚きました。

出席にも欠席にもならない扱いということで特に低学年は半分くらい欠席していたクラスもあったようです。

給食は食べないで帰る子どもも何人かいたみたいです。

 

この分散登校をしている時期は、緊急事態宣言がでていた時なので、もし、私の子どもが隣の市に通っていたら、私は不安で休ませたかもしれません。

 

 

 

小学校の入学式もクラスごとの短縮されたものでした。

入場はなく、椅子に座った状態でスタート。

国歌、校歌を聞いて、校長先生の話を聞いて担任を紹介されて終わりました。

 

入場シーンを見たかったな😢

 

本来、家族は二人までと決められていましたが、留守番ができない子どもに関しては許可が下りたので、入学式は私も下の子を連れて参加することができ、嬉しかったです😁

 

朝、夕食後に検温し、学校に提出します。

毎日マスクをつけていきます。

 

体育もマスクのままだとか。

夏に向けて、熱中症の心配も加わるので心配です…

 

学校からの要望&注意点は、

  1. 検温する
  2. てあらい、うがいの徹底
  3. マスクをする
  4. 換気をする
  5. 全校集会、学年ごとの集まりをなくす
  6. 給食は友だちと向かい合わないで、大きな声を出さないで食べる
  7. 4月の参観日は中止

 

ざっくりと、こんな状態です。

 

真ん中の子は入学したばかりなので参観日で学校での様子を見たかったのですが、今の状態ではみんなが危険な状態になるだけなので、中止になって良かったと思ってます。

 

 

数日後に、末っ子の入園式があります。

 

幼稚園も、クラスごとの入園式です。

こちらも家族は二名まで参加できますが、小学校の下校時間と重なるので、小学生組は旦那に任せて、私だけ入園式に参加予定です。

 

末っ子にとっては、初めての集団生活で、心配なことが多いですが、楽しく幼稚園に通ってくれると嬉しいなと思います😊

 

幼稚園もマスクを着用しての登園ですが、ずっとつけているのは難しい子もいると思うので、先生は大変だな……と思ってしまいます💦

 

園バスでの通園を予定していますが、場合によっては全員幼稚園まで送迎になるようで、どうなるのかと心配です…

 

 

北海道ではコロナウィルスの感染者が減ってきていますが、昨日は1ヶ月ぶりに二桁になりました。

緊急事態宣言解除後、出歩く人が増えたように感じ、不安を感じています。

 

ゲームセンターでは、メダルゲームとかスロットで遊ぶ高齢者が多いように感じます。

 

学校も始まったし、再び感染が広がる可能性もあるので、今まで通り、必要最低限の外出に限定し、生活していきたいと思います。

 

では、また👋